So-net無料ブログ作成
検索選択

猫鳴り [BOOK]

沼田まほかるさんの小説をはじめて読みました。
1章、2章、3章とそれぞれ主人公が異なります。
1匹の猫、モンがそれぞれに描かれていますが、心に残るのはやはり3章だと思います。
猫を飼ったことはありませんが、猫の死に際の悲しみ恐れる気持ちがリアルに描かれているような気がします。
最後は逆に悲しくはありますが、清々しい気持ちになります。
沼田まほかるさんの小説、これから徐々にいろいろ読んでいこうと思います。

猫鳴り (双葉文庫)

猫鳴り (双葉文庫)

  • 作者: 沼田 まほかる
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2010/09/16
  • メディア: 文庫



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。