So-net無料ブログ作成
検索選択

九月が永遠に続けば [BOOK]


九月が永遠に続けば (新潮文庫)

九月が永遠に続けば (新潮文庫)



2月から通っている歯医者ですが、未だに終わりません。
どうも歯が割れてしまったようで抜歯しないで、治療と頑張っていましたが、どうにもならないために抜歯することになり、本日抜歯してきました。
昔、子供のときに乳歯だからと永久歯を抜かれて右下の歯がないためにブリッジしています。
今回は左上に歯のためにここもブリッジすることになりました。
既に2ヶ所もブリッジすることになるとは最悪です。
歯を抜いた日は運動もお風呂も禁止のため家でおとなしく過ごしています。
GW初日からテンション下がっています。
さて、先日、沼田まほかるさんの「猫鳴り」を読んで意外と良かったので今度は第5回ホラーサスペンス大賞を受賞した「九月が永遠に続けば」を読んでみました。
沼田まほかるさんの小説ですが、実はあまり登場人物に共感できないし、グロテスクな感じ強いです。それでも続きが知りたくて読み続けてしまいます。
この作品は途中までは凄く良かったです。
しかし、この落ちというか終わり方は少しがっかりでした。
それでも、また別の本を読みたくなってしまう不思議な小説家です。
関西出身で最近になってあちこちの本屋やネット上で名前を見るようになりましたが、若手の小説家ではないようですね。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 2

miata

歯の治療大変ですね。
いまかかっている歯科医院は丁寧そうですね。
by miata (2012-04-29 00:41) 

silvercopen

丁寧ですが、歯垢取りも上下で分けてやったりと時間が掛かり過ぎるのが困ります。
なかなか医者に行くのも時間が掛かりますね。
早く治るとよいのですが・・・。
by silvercopen (2012-04-30 17:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。